低価格・高品質・最速のHTMLコーディングはクロノドライブへ

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら 03-6416-5813 [C-0]

お見積もりフォーム

[HTML]たった1行でアイコン付きの要素を右寄せにするテクニック

アイコンなどをbackgroundで指定した要素を右寄せにしたいとき、みなさまはどのようにスタイルを指定しているでしょうか。text-alignを使って要素を右寄せにしても、背景は動かないため、背景ごと動かさなければなりません。また、background-positionで直接位置を指定するのも、あまりよい方法とは言えません。今回は、そんな状態をたった一行で解消するテクニックを紹介します。

対応方法

まず、以下のようなアイコン付きテキストがあるとします。

1.sampleIcon {
2    background: url(../img/icon/icon.gif) no-repeat 0 5px;
3    padding-left: 10px;
4}
5 
6<p class="sampleIcon">サンプルテキストサンプルテキスト</p>

しかし、この要素をtext-alignをつかって右寄せにしようとすると…

1.sampleIcon {
2    background: url(../img/icon/icon.gif) no-repeat 0 5px;
3    padding-left: 10px;
4    text-align: right;
5}

上記画像のように、アイコンだけ動かず、レイアウトが崩れてしまいます。 そこで、この要素にfloat:right; を指定し、要素をフロートさせて右に寄せます。

1.sampleIcon {
2    background: url(../img/icon/icon.gif) no-repeat 0 5px;
3    padding-left: 10px;
4    float: right;
5}

このように指定することで、アイコンごと要素を右に寄せることが可能です。
詳しくはデモページをご覧ください。

注意点として、floatを使用しているため、必ず後の要素でclearを指定する、あるいは親要素にclearfixを指定するなどして、floatを解除するようにしてください。レイアウトが崩れる可能性があります。

ぜひご活用ください。

「フロントエンドエンジニアの教科書」を出版しました!HTML・CSS・JavaScript+α 次世代コーダーのための仕事術

HTMLコーダーからフロントエンドエンジニアにステップするために必要な知識と技術を解説。
現場で求められる人材となるためには、何を知っていて、何ができなければいけないのか。
Web制作の最先端にいるクロノドライブだからこそ教えられるノウハウが満載です。

出版社名:ソフトバンククリエイティブ
著者:クロノドライブ

Amazon.co.jp詳細ページへ