低価格・高品質・最速のHTMLコーディングはクロノドライブへ

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら 03-6416-5813 [C-0]

お見積もりフォーム

スマートフォンサイト軽量化/高速化サービス概要

すっかり普及したスマートフォンサイト。でも表示速度が遅いとユーザ離れの可能性が高まります。
クロノドライブならフロントエンドの最適化でスマートフォンサイトの高速化・軽量化を実現します。

軽量化・高速化でユーザ離れを回避

ユーザに最も近いWebサイトとして発展し続けているスマートフォン用サイト。モバイルブラウザの表現力向上に伴い、スマホサイトのデザインや機能はどんどん複雑化しています。複雑化すればするほど、表示速度はどうしても低下してしまいます。

そこで意識しなければならないのがフロントエンドの最適化です。これまで多くのスマホサイトの開発に携わってきたクロノドライブには、スマホサイトの特性を熟知したフロントエンドエンジニアが多数在籍しています。彼らが培い、体系化した最適化技術で皆様のサイトを生まれ変わらせます。

進化が早い分野だから案件数が重要

スマホサイトはOSやブラウザ、デバイスそのものの進化が非常に早い分野です。ユーザが保有するデバイスの種類も増加しています。このため制作に求められる経験も。この変化に対応していくためには、常に「今」の主要環境に向き合い、実地での経験を積んで行かなければなりません。
クロノドライブでは全国のお客さまからスマホサイトの開発や軽量化・高速化についてご相談をお受けし、「今」の主要環境に対する最適化技術を日々研究・蓄積しています。膨大な案件の中から見いだされた技術とノウハウは、必ずやお客さまのお役に立つことと確信いたします。

「体感的待ち時間」の短縮

Facebookが導入しているTime to Interactに近しい考え方です。ユーザはボタンをタップしてから要望する機能が提供されるまで(つまり操作できるようになるまで)の時間を「待ち時間」として体感します。クロノドライブではこの「体感的待ち時間」をいかに最適化し短縮するかを検討し、サイト構造の最適化を目指します。
この「体感的待ち時間」が長くなればなるほど(つまり操作できない時間が長いほど)、ユーザの不快感は大きくなり、サイトから離れていってしまうのです。クロノドライブはこうした状況の回避を目指し、「体感的待ち時間」の短縮を目指します。

計測・診断でボトルネックを特定

クロノドライブは闇雲にソースをいじることはありません。まず、何が原因となっているかを突き止めることが重要です。軽量化・高速化のご相談を頂戴した場合、クロノドライブではデバックツールやWebサービスを利用しスマートフォンの表示速度を計測します。その結果をもとにデータの軽量化や「体感的待ち時間」の短縮方法を検討しご提案いたします。

軽量化・高速化の基本的手法

クロノドライブの軽量化・高速化は以下の基本的手法に分類されます。

基本手法01通信負荷軽減

クロノドライブは闇雲にソースをいじることはありません。まず、何が原因となっているかを突き止めることが重要です。高速化・軽量化のご相談を頂戴した場合、クロノドライブではデバックツールやWebサービスを利用しスマートフォンの表示速度を計測します。その結果をもとにデータの軽量化や「体感的待ち時間」の短縮方法を検討しご提案いたします。

「通信負荷軽減」手法の一例

  • 画像データの軽量化
  • 画像のCSS Script化
  • JavaScriptのミニファイ化
  • CSSセレクタの簡略化
  • CSS3による装飾表現の導入 など

基本手法02待ち時間を感じさせない配慮

「待ち時間を感じさせない配慮」とは、ユーザが必要な機能を見つけてボタンをタップした瞬間から、要望する機能が提供され操作可能になるまでの時間をいかに短く感じさせるかという配慮です。つまり、ユーザは「使いたい機能が提供されるのを待っている」ということですから、ご要望の機能を先にご提供できれば「待っている」という意識は薄くなるのです。このように、ユーザの感覚に対しての配慮を行い「待たされている」という感覚を軽減します。

「待ち時間を感じさせない配慮」の一例

  • ユーザが要望する機能の最速提供化 ※ touchstart/touchendでタップへの反応を返す ※ clickイベントの回避
  • 演出による「体感的待ち時間」の短縮化 ※ 「コンテンツが順番に表示される」などの処理 ※ HTMLのパース中も動きつづけるアイテムの提供