低価格・高品質・最速のHTMLコーディングはクロノドライブへ

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら 03-6416-5813 [C-0]

お見積もりフォーム

チェック代行サービス概要

手間と苦労、精神力が必要なWeb制作のチェック作業。実は「文字校正」とはまったく違うものなのです。
必要になる技術と人員、まるごとクロノがご用意します。

チェックの苦労を一気に解消!

[お客様]デザインコーディング→チェック代行依頼→[アカウントスタッフ]校正・検証実機チェック→レポート提出

「チェック代行」サービスは、皆様のサイト制作・更新作業などで発生するあらゆるチェック作業(校正・検証作業)をクロノドライブがまるごと代行するサービスです。PCサイトはもちろん、スマートフォン用サイトやケータイサイトのコーディング検証や実機チェックも承ります。
チェック作業はとても苦労が大きい反面、楽しさは薄い作業。皆様の大きなご負担となりがちです。その手間や面倒を私たちクロノドライブが一気に解消いたします。ぜひクロノドライブのチェック代行サービスをご検討ください。

皆様のこんな「チェックの苦労」を解消します

  • きちんと表示されているか、すべての対象ブラウザで確認する苦労
  • コーディング仕様に準拠しているか照合・確認する苦労
  • コーディング文法などが正しいかどうか確認する苦労
  • 文章が適切に流しこまれているかどうか確認する苦労
  • デザインがきちんと再現されているかどうか確認する苦労
  • システムがきちんと稼動しているかどうか検証する苦労
  • その他Webに必要なあらゆる確認・検証を行う苦労 など

こうした作業のご苦労は、専門の「チェック部門」があるクロノドライブにお任せください。

デザインやコーディング仕様もチェック!

[ブラウザ表示][システムプログラム][文法・構造][デザイン再現性][仕様]

現代のWebサイトにこそ必要なチェック作業。では、表記ミスの確認(文字校正)さえ徹底すれば安心なのでしょうか。
答えは否。Web制作では他にもたくさんの事柄に対するチェックが必要です。たとえば、クロノドライブでは次のような分類ごとに詳細なチェック項目を作成。専門の育成プログラムを受けたプロのチェッカーが多岐にわたる専門的チェックを行っています。

独立工程化で「見たつもり」を徹底排除

[デザイン]デザイナー→[コーディング]コーダー→[チェック]チェッカー→[修正依頼]デザイナー・コーダー

チェック体制が独立した制作工程として確立されていること。これもクロノドライブの特徴のひとつ。これにより、チェック作業で最も重要な「第三者視点の確保」を徹底しているのです。
では、なぜ「第三者視点」が必要なのでしょうか。
実は、制作者や関係者(制作発注クライアント様)は、制作中に何度も文章やデザインを目にするため、「見たつもり」になることが多いのです。その結果、誤字はもちろん、さまざまな点でのチェック漏れが多くなってしまうのです。
このような危険を回避するためには、やはり第三者視点の確保=独立工程化が不可欠。クロノドライブは自らの社内体制を変えることで、皆様にお約束できる安心を増やしたのです。
ここまで真剣に取り組んでいるからこそ、クロノドライブのチェックに見落としは皆無。プロとしての意識と意欲に富んだチェッカーが皆様のサイトの品質をお守りいたします。

当社チェック部門やチェッカーにつきましては、こちらのページで詳しくご説明しております。当社がチェックの必要性に気付いたエピソードなどもご覧いただけます。ぜひご一読ください。